パンの情報ブログです。主にリテールベーカリーのパンを紹介していきます。

「アーモンドクリームを入れて焼き上げた、イル=ド=フランス地方の焼き菓子。」

コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)

コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)
コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)

コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)

コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)

コンベルサシオン(Conversation) | FAUCHON(フォション)

イル=ド=フランスは「フランスの島」という意味のフランス語で、パリを中心とした地域圏です。
周りが川で囲まれているため島のような地形になっているため、このように呼ばれています。

コンベルサシオン(Conversation)は「会話」という意味のフランス語です。
英語でも発音は違いますが、同じスペルで同じ意味です。

この焼き菓子ができた当時のベストセラー「エミリーの会話」が名前の由来という説や、「×」を指で作るジェスチャーがフランスでは会話を意味するという説があります。

その由来の通り、十字の格子状に敷かれたパイ生地が特徴的です。
かなり目を引く形をしています。

タルト生地の上にはアーモンドクリームの生地がたっぷりと敷かれていて、全体的に小さいもののボリュームがあります。

その上にパイ生地がかぶさっていて、グラスロワイヤル(卵白と砂糖で作る糖衣)が塗ってあります。
そして十字にパイ生地が敷かれます。
見てるだけで楽しめます。

グラスロワイヤルが塗られた生地はサクサクッとしていて、とても軽い食感です。
パイの香ばしさとの相乗効果で、サクサク感がさらに楽しめます。
中に敷かれたアーモンドクリームとの相性も抜群です。

美味しいのですが、リッチな材料が多いので、値段もそれなりにするのが難点です。

品名 コンベルサシオン(Conversation)
購入店 FAUCHON(フォション)
商品サイズ 4cm×8cm×8cm(高さ×奥行×幅)
内容量 77g
価格 303円(税込)(本体価格280円)
1g当たり価格 3.9円/g
お気に入り ★★★☆☆

その他の「FAUCHON(フォション)」の商品はコチラ

0 コメント :

コメントを投稿